カテゴリー
SugiBlog Webエンジニアのためのお役立ちTips

Invoke-webRequestとcurlコマンドでHTTPリクエスト

Invoke-webRequestとcurlコマンドを使えばCUI(Commandline User Interface)にてHTTPリクエストを送信することができます。
ここでは基本的な使い方をご紹介します。

Windowsの場合

まずはWindowsの場合です。
PowerShellでInvoke-webRequestコマンドを使います。

このコマンドにはエイリアスが設定されており、curl iwr wgetでも使えます。
curlはあくまでエイリアスなので、Linux・Macでのcurlとは異なりますのでご注意ください。

GETリクエスト
Invoke-webRequest https://www.hoge.jp
Invoke-webRequest -Method GET https://www.hoge.jp

パラメータを付加したリクエスト

Invoke-webRequest https://www.hoge.jp?key=value&key=value
Invoke-webRequest -Method "GET" -Body @{key="value";key="value"} https://www.hoge.jp
POSTリクエスト
Invoke-webRequest -Method "POST" -Body 'key=value&key=value' https://www.hoge.jp
Invoke-webRequest -Method "POST" -Body @{key="value";key="value"} https://www.hoge.jp

続きを読む…»

5,006 views

MySQL 既存テーブルの文字コードをutf8mb4に変換する

MySQLのテーブルで文字コードutf8とutf8mb4が混在するシステムをutf8mb4に統一する機会がありました。
そんな時に文字コードや照合順序を確認する方法、変換する方法です。

MySQL:5.7

データベースの文字コードと照合順序を確認する

SELECT
    SCHEMA_NAME, DEFAULT_CHARACTER_SET_NAME, DEFAULT_COLLATION_NAME
FROM INFORMATION_SCHEMA.SCHEMATA
WHERE
    SCHEMA_NAME = 'データベース名';

テーブルの文字コードと照合順序を確認する

SELECT
    TABLE_NAME, TABLE_COLLATION
FROM INFORMATION_SCHEMA.TABLES
WHERE
    TABLE_SCHEMA = 'データベース名';

カラムの文字コードと照合順序を確認する

SELECT
    COLUMN_NAME, CHARACTER_SET_NAME, COLLATION_NAME
FROM INFORMATION_SCHEMA.COLUMNS
WHERE
    TABLE_NAME = 'テーブル名';

続きを読む…»

3,953 views

MySQL 外部キー制約を一時的に無効にする

MySQLで外部キー制約を設定しているテーブルは削除等、一部の命令を実行することができません。
開発をしている中でどうしても外部キー制約が邪魔になってしまう場合があります。
その場合は外部キー制約を一時的に無効にすることができます。

外部キー制約を一時的に無効にする

SET foreign_key_checks = 0;

処理が終わったら必ず元に戻しましょう。

SET foreign_key_checks = 1;
812 views

Docker + Laravel9 開発環境構築

Dockerを使ってLaravel9の開発環境を構築してみたいと思います。
XAMPPやレンタルサーバーを使うよりお手軽に出来るので是非試してみてください。

OS等の環境は以下の通りです。

OS: Windows10
Docker Desktop: v4.14.1
Visual Studio Code: v1.74.0

Dockerで環境構築

予め必要なファイル等を準備します。
Laravelのプロジェクト名は「laravel-app」と仮定します。

docker/app/000-default.conf
<VirtualHost *:80>
       ServerAdmin webmaster@localhost
       DocumentRoot /var/www/html/laravel-app/public
       ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
       CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined
       <Directory /var/www/html/laravel-app/public>
           AllowOverride All
       </Directory>
</VirtualHost>
docker/app/Dockerfile
# dockerイメージの選択
# 予めPHPとApacheがインストールされているイメージをDocker Hubからダウンロード
FROM php:8.0-apache

# 設定ファイルをdockerコンテナ内のPHP、Apacheに読み込ませる
# ADD:ローカルのファイルをDockerコンテナ内にコピーする
ADD php.ini /usr/local/etc/php/
ADD 000-default.conf /etc/apache2/sites-enabled/

# Composerのインストール
# RUN:コンテナ内でコマンド実行する
RUN cd /usr/bin && curl -s http://getcomposer.org/installer | php && ln -s /usr/bin/composer.phar /usr/bin/composer

# Node.jsをインストール
RUN curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_16.x | bash -
RUN apt-get install -y nodejs

# ミドルウェアのインストール
RUN apt-get update \
&& apt-get install -y \
git \
zip \
unzip \
vim \
libpng-dev \
libpq-dev \
&& docker-php-ext-install pdo_mysql

# Laravelで必要になるmodRewriteを有効化する
RUN mv /etc/apache2/mods-available/rewrite.load /etc/apache2/mods-enabled
RUN /bin/sh -c a2enmod rewrite

続きを読む…»

3,191 views

Docker環境構築初期の落とし穴 localhost/tutorial

Dockerで作成した環境で開発を始めようとしたときに少しハマってしまったので原因と解決法を書いておきたいと思います。
環境は次の通りです。

Windows10 Home
Docker Desktop v4.14.1

大抵の場合、Dockerをインストールして最初にやってみるコマンドは以下だと思います。

docker run -d -p 80:80 docker/getting-started

このコマンドを実行してコンテナが作成され、http://localhostにアクセスするとGetting Started画面が表示されます。
ここがポイントなのですが、http://localhostにアクセスするとhttp://localhost/tutorialにリダイレクトされます。
このリダイレクトが曲者で、キャッシュに残ってしまうのです。

Dockerの導入が終わったので、いざ開発を始めた際に、一通り環境構築が終わった後、http://localhostにアクセスして出来ているか確認しますが、キャッシュが残っていることが原因でhttp://localhost/tutorialにリダイレクトされてしまいます。
表示したいのはhttp://localhostなのに・・・。

Windowsのhostsファイルが原因なのかと思いましたがどうも違うよう。
結局、原因はブラウザのキャッシュでした。

キャッシュをクリアするとリダイレクトされなくなりました。

1,014 views