カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

Windows更新プログラムのアンインストール

Windowsの更新プログラムは[コントロールパネル]-[プログラムと機能]-[インストールされた更新プログラムを表示]でアンインストールすることができます。
またコマンドプロンプトからもコマンドでアンインストールできるので、その方法をご紹介したいと思います。

まず、管理者権限にてコマンドプロンプトを起動します。
そして以下のコマンドを入力します。

wusa /unintall /kb:****

****はアンインストールしたい更新プログラムの番号です。
※wusa(wusa.exe)とはWindowsUpdateのスタンドアロンインストーラーです。

ただし、重要な更新プログラムはアンインストールできません。

上記のやり方でアンインストールできない場合があります。
どういった場合かというとネット経由でインストールしたOfficeの場合です。

そのため、何か不具合があってアンインストールしたい更新プログラムがあっても、ネット経由でインストールしたOfficeの場合、KB:****としては適用されていないそうなんです。

ではどうすれば良いのか??
コマンドでOfficeのバージョンをロールバック(ダウングレード)させる必要があります。

例)バージョンを15.0.5163.1000に戻したい。
以下のコマンドを実行します。

cd c:¥Program Files¥Microsoft Office 15¥ClientX86
officec2rclient.exe /update user updatetoversion=15.0.5163.1000

officec2rclient.exeの場所はバージョンによって異なります。
上記の例ではOffice2013の場合です。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします
112 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です