カテゴリー
SugiBlog Webエンジニアのためのお役立ちTips

SSHコマンドの使い方

SSH(Secure Shell)でログインするにはsshコマンドを使用します。
オプションlでユーザー名を指定するか、@でユーザー名とホスト名を繋いで指定するかのどちらかの方法でログインします。

オプションlでユーザー名を指定する場合

ssh -l [username] [hostname]

ユーザー名@ホスト名で指定する場合

ssh [username]@[hostname]

その後、パスワードを聞かれますので、パスワードを打ち込めばSSHでログインできます。
ログイン後はサーバーのシェルでコマンドを実行する場合と同様の操作が可能です。

なお、SSHでの接続にはサーバーがSSHでのログインを許可している必要があります。

210 views

コマンド一発でテキストファイル結合

コマンドたった1行打つだけで、テキストファイルを結合することができます。

Linuxの場合

$ cat *.csv > all/all.csv

Windowsの場合

$ type *.csv > all/all.csv
2,599 views

findとgrepを使ってファイルの中身を一括検索と置換

ホームページを制作していて、基幹に関わるファイル名等を変更したとき、サーバーにあるファイルのどのファイルから読み込まれているかを全て把握した上で変更しないといけないですよね。

小規模なサイトであれば問題はありませんが、大規模なサイトになると難しいこともあるでしょう。

これはサーバーが直接操作できる、もしくはsshでログインできる場合に限られますが、便利な方法をご紹介します。

findとgrepのコマンドを組み合わせてファイル内に該当ファイル名が記述されているファイルを探します。
例として「example.js」というファイルが読み込まれているhtmlファイルを探します。

find / -name '*.html' -type f | xargs grep -l 'example.js'

findコマンドのほうは、第1引数に探すディレクトリ(この場合ルート)、-nameオプションでファイル名を絞り込んでいます。
-type fは通常のファイルを指定しています。※シンボリックリンク等含まれない
続きを読む…»

4,369 views

DNSSEC最上位の暗号鍵更新に対する対応

サーバーを自前で運用している方にはとても重要な内容でした。
私が管理しているサーバーは問題なかったのですが、念のため覚書として記しておきます。

参考にさせていただいたサイト
https://cloudadvisor.jp/blog/dnssec_update

DNSが「ルートゾーンKSKの更新」に対応されているか確認
以下のコマンドを打ちます。

dig +bufsize=4096 +short rs.dns-oarc.net txt

返ってくる答えの中で「at least」の後にある数値が1424以上であれば問題ないそうです。

903 views

BarracudaCentralに登録されているか調べる

BarracudaCentralに自サーバーのIPアドレスが登録されているか調べる

Linux/Unix systems:

$ host 2.0.0.127.b.barracudacentral.org

Windows systems:

C:\>nslookup 2.0.0.127.b.barracudacentral.org

ブラックリストに登録されている場合のレスポンス

Linux/Unix systems:

2.0.0.127.b.barracudacentral.org has address 127.0.0.2

Windows systems:

Non-authoritative answer:
Name: 2.0.0.127.b.barracudacentral.org
Address: 127.0.0.2
1,543 views