カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

HTMLソースを取得する VisualC#

System.Net.WebClientクラスを使用してHTMLソースを取得します。

//参照を追加
using System.Net;

・単純なダウンロード

//WebClientの作成
WebClient wc = new WebClient();

//文字コードを指定(Shift_JIS)
wc.Encoding = Encoding.GetEncoding(932);

//HTMLソースをダウンロードする
string source = wc.DownloadString(url);

//後始末
wc.Dispose();

・Timeout設定ができるようにするには

//文字コードを指定(Shift_JIS)
Encoding enc = Encoding.GetEncoding(932);

HttpWebRequest req =
    (HttpWebRequest)WebRequest.Create(url);

req.Timeout = 3000;

WebResponse res = req.GetResponse();

//文字コードを指定(Shift_JIS)し、HTMLソースをダウンロードする
Stream st = res.GetResponseStream();
StreamReader sr = new StreamReader(st, enc);

source = sr.ReadToEnd();

//後始末
sr.Close();
st.Close();

文字コードについてはこちらをご覧ください。
[テキストファイルの読み込みと書き込み]

0
268 views

C# ユーザー設定の落とし穴

C#で開発をしていて設定部分で少しハマったので書き留めておきます。

ユーザー設定を保存したりできるようにするためにProperties-Settings.settingsを使うことがあると思いますが、
設定が必要なくなったので全ての設定を削除したときに、予期せぬところでエラーが発生することがありました。

発生したエラーも起きるはずもないところなので頭を抱えていましたが、
再構築みたいなものがないかな?と探していたら「同期」ボタンがあるのを発見。
これを押せば解決しました。

0
536 views

VisualC#でSQLServerへの接続

VisualC#でSQLServerに接続し、データを取得するサンプルです。
割と簡単に取得できますので、是非やってみてください。

まずはSqlClientの参照が必要です。

using System.Data.SqlClient;

接続の設定をします。

private string GetConnectionString()
{
    var builder = new SqlConnectionStringBuilder()
    {
        DataSource = "サーバーのIPアドレス",
        InitialCatalog = "データベース名",
        IntegratedSecurity = false, //User ID および Password を接続文字列中に指定するか
        UserID = "ユーザーID",
        Password = "パスワード"
    };

    return builder.ToString();
}

続きを読む…»

0
671 views

コンピュータの再起動とシャットダウン

コンピュータの再起動とシャットダウンする方法をご紹介します。

コンピュータの再起動

int flag = 0;
flag = ShutdownLibWrap.Reboot;
flag |= ShutdownLibWrap.ForceIfHung;
ShutdownLibWrap.DoExitWindows(flag);

シャットダウンのキャンセル

何か処理を実行しているときに、Windows Update等で勝手にシャットダウンされないようにしたいときに便利です。

フォームのLoadイベントに以下を記述します。

// アプリケーションが閉じられる時のイベントを追加
SystemEvents.SessionEnding += new SessionEndingEventHandler(SystemEvents_SessionEnding);

シャットダウンを検知したらキャンセルします。

private void SystemEvents_SessionEnding(object sender, SessionEndingEventArgs e)
{
    e.Cancel = true;
}
0
1,784 views

OS起動時にアプリケーションを自動的に実行する

OS起動時にアプリケーションを自動的に実行するには、通常ならスタートアップに登録しますが、
アプリケーションから登録したい場合は、レジストリキーに登録する必要があります。

登録するキーは以下のようになります。

起動時に毎回実行する場合
Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

次回起動時に1度だけ実行する場合
Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnce

レジストリキーを開きます。
第1引数は設定するキーのパス、第2引数は書き込み可能な状態で開くかどうかを指定します。

Microsoft.Win32.RegistryKey regkey =
    Microsoft.Win32.Registry.CurrentUser.OpenSubKey(
    @"Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnce", true);

キーに値を設定します。
第1引数はアプリケーション名、第2引数は実行ファイルまでのパスです。

regkey.SetValue(Application.ProductName, Application.ExecutablePath);

キーを閉じます。

regkey.Close();

続きを読む…»

0
3,614 views

Exif情報を編集する

スマートフォンやデジカメで撮影した写真にはどの方向(縦か横)で撮影されたか、という情報も格納されています。
画像方向(Orientation)というデータです。

画像を扱うプログラムを組んでいて、画像方向を編集する必要があったのでメモしておきます。

using System.Drawing;

string imgFile = "読み込むファイル";
string saveFile = "保存先ファイル";

//画像を読み込む
Bitmap bmp = new Bitmap(imgFile);

for (int i = 0; i < bmp.PropertyItems.Length; i++)
{
    Imaging.PropertyItem pi = bmp.PropertyItems[i];

    //Exif情報から画像方向を取得
    if (pi.Id == 0x0112)
    {
        //値を変更。強制的に横向きとする
        pi.Value = System.Text.Encoding.ASCII.GetBytes("1\0");
        pi.Len = pi.Value.Length;

        //設定する
        bmp.SetPropertyItem(pi);

        //目的の値が見つかればループを抜ける
        break;
    }
}

//保存する
bmp.Save(saveFile, Imaging.ImageFormat.Jpeg);

//後処理
bmp.Dispose();

Exif情報のタグID等は以下URLを参照してください。
http://www.sno.phy.queensu.ca/~phil/exiftool/TagNames/EXIF.html

0
2,765 views

C# コンソールアプリケーションのコマンドプロンプトを表示させない

Visual Studio C#で作成したコンソールアプリケーションを実行すると、
通常はコマンドプロンプトの画面が表示されます。

簡単な動作を行ってすぐに終了するアプリケーションだったとしても、
一瞬だけ表示されてしまいます。

これを全く表示されないようにするには、プロジェクトのプロパティを開き、
[アプリケーション]-[アプリケーションの種類]をWindowsフォームアプリケーションに変更することで表示されなくなります。
example

0
7,162 views

Listのコピー

List<string> list1 = new List<string> (){"test"};

参照渡し
list1の内容が変わるとlist2の内容も変わる

List<string> list2 = list1;

値渡し
list1の内容が変わってもlist3の内容は変わらない

List<string> list3 = new List<string>(list1);
0
1,037 views

テキストファイルの読み込みと書き込み

読み込み

// 指定したファイルをShift-JISコードとして開く
StreamReader sr =
    new StreamReader(string filepath,
        Encoding.GetEncoding(932));

while (!sr.EndOfStream)
{
    // 1行ずつ読み込みます
    Console.WriteLine(sr.ReadLine());
}

sr.Close();
sr.Dispose();
sr = null;

コードページIDの一覧です。

932 shift_jis 日本語 シフトJIS(または、「shift-jis」や「x-sjis」など)
51932 euc-jp 日本語 EUC
50220 iso-2022-jp 日本語 JIS
50221 csISO2022JP 日本語 JIS(1バイトカタカナ可)
50222 iso-2022-jp 日本語 JIS(1バイトカタカナ可 – SO/SI)
65001 utf-8 UTF-8

続きを読む…»

0
1,293 views

クリップボードを扱う C#

Visual C#でクリップボードを操作してみましょう。
クリップボードを扱うには以下の参照が必要です。

using System.Windows.Forms;

クリップボードに文字列をコピーする

Clipboard.SetText("サンプル文字列");

クリップボードの文字列を取得する

//クリップボードのデータが文字列かどうか確認
if (Clipboard.ContainsText())
{
    //文字列であれば取得する
    //取得できないときは空の文字列(String.Empty)が返ってきます。
    Console.WriteLine(Clipboard.GetText());
}
0
1,846 views