カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

VisualC#でSQLServerへの接続

VisualC#でSQLServerに接続し、データを取得するサンプルです。
割と簡単に取得できますので、是非やってみてください。

まずはSqlClientの参照が必要です。

using System.Data.SqlClient;

接続の設定をします。

private string GetConnectionString()
{
    var builder = new SqlConnectionStringBuilder()
    {
        DataSource = "サーバーのIPアドレス",
        InitialCatalog = "データベース名",
        IntegratedSecurity = false, //User ID および Password を接続文字列中に指定するか
        UserID = "ユーザーID",
        Password = "パスワード"
    };

    return builder.ToString();
}

接続してデータを取得します。

public string[] Connect()
{
    // 接続文字列の取得
    var connectionString = GetConnectionString();

    using (var connection = new SqlConnection(connectionString))
    using (var command = connection.CreateCommand())
    {
        try
        {
            // データベースの接続開始
            connection.Open();

            string sqlstr = @"select * from テーブル名";

            // SQLの実行
            command.CommandText = sqlstr;
            command.ExecuteNonQuery();

            SqlDataReader sdr = command.ExecuteReader();

            if (sdr.Read() == true)
            {
                string field_value = (string)sdr["フィールド名"];

                return new string[] { field_value };
            }

        }
        catch (Exception exception)
        {
            Console.WriteLine(exception.Message);
            throw;
        }
        finally
        {
            // データベースの接続終了
            connection.Close();
        }

        return new string[] { };
    }
}

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

106 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です