Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

ACCESS VBA Excelオートメーションの例

参照設定なしでACCESSからExcelファイルを作成する方法です。
罫線等の定数は使用できないため、実際の数値を与えています。

Dim xlApp    As Object
Dim xlBook   As Object
Dim xlSheet  As Object
Dim FileName As String
FileName = Environ("USERPROFILE") & "\デスクトップ\test.xls"

Set xlApp = CreateObject("Excel.Application")
Set xlBook = xlApp.Workbooks.Open(FileName)
Set xlSheet = xlBook.WorkSheets(1)

With xlSheet

    'セルに値を入力
    .Range("A1").Value = "test"

    '行をコピー
    .Rows(1).Copy
    .Rows(1).Insert
    xlApp.CutCopyMode = False

    '行を削除
    .Rows(1).Delete

    '複数行の挿入
    .Range("2:4").Insert

    '罫線を引く
    .Range("A" & i & ":E" & i).Borders.LineStyle = 1

    '縦位置揃えを設定する(1:上、2:中央、3:下)
    .Range("A" & i & ":E" & i).VerticalAlignment = 2

    '行の高さを指定
    .Cells(i, 1).RowHeight = 25.5

    '列の幅を内容に合わせる
    .Columns("A:E").EntireColumn.AutoFit

End With
'保存
xlBook.Save
'別名で保存
xlBook.SaveAs FileName

xlBook.Close

'全て保存
xlApp.Save

xlApp.Application.Quit

Set xlSheet = Nothing
Set xlBook = Nothing
Set xlApp = Nothing
4,816 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です