Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

Javascript 配列

JavaScriptの配列の基本的な使い方

配列の宣言

var array = new Array();

または

var array = [];

例)

var array = new Array("a", "b", "c");
var array = ["a", "b", "c"];

要素の追加

先頭に追加する

var array = ["b", "c"];
array.unshift("a"); //["a", "b", "c"]となる

末尾に追加する

var array = ["a", "b", "c"];
array.push("d"); //["a", "b", "c", "d"]となる

配列の結合

配列を結合し新たな配列を生成します。
(元の配列はそのまま)

var array1 = ["a", "b"];
var array2 = ["c", "d"];

var array = array1.concat(array2); //["a", "b", "c", "d"]となる

配列の要素数を取得

var array = ["a", "b", "c"];
array.length; //3

値からインデックスを検索する

先頭から検索し、最初に見つかった要素のインデックスを返します。

var array = ["a", "b", "c"];
var index = array.indexOf("b"); //1

要素から値を検索し、最後のインデックスを返します。

var array = ["a", "b", "c", "a", "b", "c"];
var index = array.lastIndexOf("c"); //5

要素の削除

先頭を削除してインデックスを詰める。

var array = ["a", "b", "c"];
array.shift(); //["b", "c"]となる

先頭を削除するが、インデックスを詰めずにundefinedとする

var array = ["a", "b", "c"];
array[0] = void 0; //[undefined, "b", "c"]となる

末尾を削除する

var array = ["a", "b", "c"];
array.pop(); //["a", "b"]となる

配列を初期化(要素の全削除)

var array = ["a", "b", "c"];
array = new Array();

または

array = [];

または

array.length = 0;

参考URL:
Array – JavaScript | MDN https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Array
JavaScriptの配列の使い方まとめ。要素の追加,結合,取得,削除。 – Qiita https://qiita.com/takeharu/items/d75f96f81ff83680013f

248 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です