カテゴリー
SugiBlog Webエンジニアのためのお役立ちTips

ファイルアップロードの最大サイズを変更

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。

フォームよりアップロードできるファイルの最大容量を変更したいとき、
php.iniで以下の設定を変更します。

upload_max_filesize

1つのファイルアップロードに許可される最大サイズ
デフォルト:2M 40M

upload_max_filesize = 40M
post_max_size

POST送信できる最大サイズ
デフォルト:8M 40M

post_max_size = 40M
memory_limit

メモリ使用量の制限
デフォルト:128MB 512MB
-1にすると無制限

memory_limit = 512MB
max_execution_time

タイムアウト秒数
デフォルト:20 120
0にすると無制限

max_execution_time = 120
max_file_uploads

1回の送信で送れるファイルの個数
デフォルト:20
※こちらについてはphp.ini、もしくはApacheのhttpd.conf(extra/httpd-vhost.conf)でないと設定できません。

max_file_uploads = 150

memory_limitpost_max_sizeupload_max_filesizeについては以下のような関係になるよう設定してください。

memory_limit > post_max_size > upload_max_filesize

Apacheで設定する

<Directory "/var/www/html">
    php_value memory_limit 128M
    php_value max_execution_time 0
</Directory>

.htaccessファイルで設定することも可能です。

php_value memory_limit 128M
php_value max_execution_time 0

最後に

変更した後は忘れずにApacheを再起動しましょう。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします
2,304 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です