カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

IE11でのソースエディタ変更

スタートからファイル名を指定して実行を選択し、「regedit」と
入力しEnter。レジストリエディタが起動します。

HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥
Internet Explorer¥View Source Editor¥Editor Name
というキーを探します。なければ作成してください。
Editor Nameの標準キーにダブルクォーテーションで括ったエディターへのフルパスを入力する

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

796 views

HTMLドキュメント互換モード IE8

Internet Explorer 8の互換モードについて。

IE7と同様の動作を行うようにするにはヘッダーに以下を記述します。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=EmulateIE7">

同様に「IE5」「IE=8」と指定することで、他の互換モードを選択できます。
また、「IE=edge」と指定すれば、IE8に対して利用できる最も互換性の高いモードを使用するよう指示できます

X-UA-Compatibleヘッダーでは、大文字小文字が区別されません。
ただし、他のすべての要素よりも先に(TITLE要素と他のMETA要素は除く)、
Webページのヘッダー(HEADセクション)内に記述される必要があります。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

4,472 views

IEのソースエディタ変更

スタートからファイル名を指定して実行を選択し、「regedit」と
入力しEnter。レジストリエディタが起動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥Software¥Microsoft¥
Internet Explorer¥View Source Editor¥Editor Name

というキーを作成
Editor Nameの標準キーにダブルクォーテーションで括ったエディターへのフルパスを入力する

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

990 views