カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

さくらインターネット 常時SSL化の弊害

さくらインターネットで常時SSL化した際に起こる弊害について、
限られた条件下ではありますが、解決法を見つけたので書いておきたいと思います。

まずルートディレクトリになんらかのWEBサイト(WordPressでも何でも)を運用しているとします。
そして下層ディレクトリにWordPressをインストールし、オプションのサブドメインを使用している場合のお話です。

例)test.achoo.jpというサブドメインでルートディレクトリを/achoo/に設定

さくらインターネットのサーバーで共有SSLを利用する場合、SSLを設定できるのは
デフォルトのサブドメインのみです。
オプションのサブドメインで下層ディレクトリをルートディレクトリとしている場合には
対象外となります。
続きを読む…»

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

671 views

SSLでパスフレーズの入力を省略する

apacheにSSLを導入した場合、apacheの起動時にパスフレーズの入力を求められます。
サーバーの再起動時や、プログラム等でのapacheの自動起動でパスフレーズの入力で止まったまま起動しない、という問題が発生します。

[Apache+SSL環境の構築]の最後でも紹介したように、秘密鍵を復号化しておけばパスフレーズの入力を省略できますが、セキュリティ上良くありません。
そこで秘密鍵を復号化することなく、パスフレーズの入力を省略する方法をご紹介します。

apacheのhttpd.confの<ifModule ssl_module>ディレクティブを修正します。

<ifModule ssl_module>
...
    SSLPassPhraseDialog exec:{プログラムの絶対パス}
</ifModule>

通常、SSLPassPhraseDialogの記述はないかと思いますが、
デフォルトはbuiltinとなっており、対話形式でパスフレーズを入力する設定になっています。
続きを読む…»

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

1,377 views

Apache+SSL環境の構築

Googleが常時SSL接続になり、SEOでもそれが加味されるようになってきました。

また、Google検索からの流入を解析するためにも、自身側のSSL化が必要になってきます。
というのも、HTTPSからHTTPではリファラーが取得できないのです。
自身のサーバーをHTTPSにすればHTTPSからのリファラーを取得することができます。
HTTPSならHTTPからのリファラーも取得することができます。

それに当たって、今回はopensslの導入部分を解説させていただきます。

【バージョンについて】
apache2.2.31
openssl-0.9.8zg
※opensslのインストールディレクトリは/usr/local/sslとします。

【鍵のペア作成と証明書の作成】
SSL通信を利用するには次の3つが必要です。
1.秘密鍵
2.公開鍵+証明書申請情報
3.デジタル証明書

WEBサーバーの秘密鍵の作成

opensslのディレクトリに移動します。

cd /usr/local/ssl/private

秘密鍵作成のための疑似乱数を生成します。
例としてmd5ダイジェスト値を疑似乱数として使用します。

../bin/openssl md5 * > rand.dat

秘密鍵を作成します。

../bin/openssl genrsa -rand rand.dat -des3 1024 > server.key

コマンドを実行すると秘密鍵のパスフレーズを求められますので、
任意のパスフレーズを入力してください。
続きを読む…»

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

866 views