カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

改行方法の指定【word-break】

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。

文章の改行方法を指定したいとき、スタイルシートのword-breakプロパティを設定します。
特にURLやソースコードなど、途中で改行されずにボックスからはみ出てしまうことがあります。
※これまではIEのみの対応だったようですが、CSS3では標準採用されているようです。

div.sample
{
    word-break: break-all;
}


設定値について
normal…英語等は単語の途中で改行しない。日本語等は表示範囲に合わせて改行される。
break-all…言語に関係なく、表示範囲に合わせて改行される。
keep-all…言語に関係なく、単語の途中で改行しない。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

935 views

コメントは受け付けていません。