カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

BIND rndcエラー

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。

・GUI上でサービス管理のnamedがエラーの時
・rndc querylogを実行するとエラーが出る時

【エラー内容】

rndc: connection to remote host closed
This may indicate that the remote server is using  an older version of the command protocol, this host is not authorized to connect, or the key is invalid.

【エラーの原因】
他のサーバで使用していたnamed.confファイルをコピーして流用したため。
rndc.keyの内容が異なるのでエラーになってしまう。

【エラー回避手順】

1.rndc.confの設定

# rndc-confgen > /etc/rndc.conf

2.named.confの設定

/etc/rndc.confの最後の方にコメントアウトされて

 # key "rndckey" {
 #       algorithm hmac-md5;
 #       secret "bPE7VWFWjEo7+jJpFvBmRA==";
 # };
 #
 # controls {
 #       inet 127.0.0.1 port 953
 #               allow { 127.0.0.1; } keys { "rndckey"; };
 # };

とあるので、この内容をコメントをはずしてnamed.confに追加します。

3.namedを再起動する。

正常にできたら、GUIのサービスで

number of zones: 10
debug level: 0
xfers running: 0
xfers deferred: 0
soa queries in progress: 0
query logging is OFF
server is up and runningrestart

となるはず。(数値は例)

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

1,763 views

コメントは受け付けていません。