カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

GoogleMapに現在地を表示

Info.plistに位置情報の利用を追加します。
GoogleMapに現在地を表示するだけなら、CoreLocationは必要ないようです。

Privacy - Location When In Use Usage Description

Valueには「現在地の情報を利用します」等としておきます。

GoogleMapの表示方法については[iOSアプリでGoogleMapを使う]をご覧ください。

位置情報を利用して現在地を表示する

googleMap.isMyLocationEnabled = true

現在地ボタンを表示する

googleMap.settings.myLocationButton = true

Xcode: 8.2.1
Swift: 3.1
OS: Sierra 10.12

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

1,371 views

iOSアプリでGoogleMapを使う

地図を使ったiOSアプリを開発するにあたって、標準マップとGoogleMapのどちらを使おうかと調べてみたら、以下のサイトで違いが紹介されていました。
http://web-terminal.blogspot.jp/2013/06/google-maps-sdk-for-iosmapkit.html
マーカーの扱いの違いで私はGoogleMapを使うことにしました。

まずは、表示できるところまでやってみようということで、その流れをご紹介したいと思います。

Xcodeのバージョンが6.3以降であることを確認します。※17/03/02時点

CocoaPodsという依存関係を管理するためのオープンソースのツールが必要になりますので入手します。

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

sudo gem install cocoapods

CocoaPodsを使ってプロジェクトにGoogle Maps SDK for iOSを組み込みます。
プロジェクトのディレクトリ(.xcodeprojファイルがあるところ)に「Podfile」という名前のファイルを作成します。
ターミナルでプロジェクトのディレクトリに移動し以下を実行

cd <path-to-project>
vim Podfile

以下の内容を記述しファイルを保存します。

source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'
platform :ios, '8.1'
pod 'GoogleMaps'

pod installコマンドを実行します。
Podspecで指定されているAPIが、その依存関係(存在する場合)とともにインストールされます。

pod install


この作業、結構時間がかかります。 続きを読む…»

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

1,587 views

MacBook ProでiOSアプリ開発(Xcode&Swift3.1)

会社でMacBook Proを購入してみました。
インターフェイス、少ないですね。。
追加でUSBとType-Cの変換アダプターを注文しました。

早速、Xcode8.2.1をインストール

Swiftは初めてなので、とりあえずPlaygroundで遊んでみてます。

開発する中でまた何か有用なことがあれば書いていきたいと思います。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

642 views