カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

文字列を処理し、変数に代入する parse_str

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
void parse_str ( string $str [, array &$arr] )

str
 入力文字列
arr
 この引数を指定した場合、配列としてここで指定した変数に保存される

例)

$query_string = "last_name=%8ER%93c&first_name=%91%BE%98Y";

parse_str($query_string, $array);
結果
array(2) {
["last_name"]=>
string(4) "山田"
["first_name"]=>
string(4) "太郎"
}

※extractとの違い
parse_strはクエリ文字列を解析しスカラー変数(または配列変数)にセットする関数、extractは配列をスカラー変数にセットする関数である。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

651 views

コメントは受け付けていません。