カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

Accessからはできないフリガナの割り付け

WindowsXPでは[Excelオブジェクトを使用してフリガナ入力]で紹介しているように、Accessだけで可能だったフリガナ変換が、Windows7では出来なくなっていました。
色々と方法を模索してはみたものの、解決策が見つかっていませんでした。

そして今日、なんとなく改めて挑戦してみると…なんと!(それほど大したことではありませんが;)方法が見つかりました!
といっても結局、Accessだけではできない、というのが結論です。
つまりExcelを使って実装することになります。

PHONETIC

まず、Excelの「PHONETIC」という関数。
これはセルに入力した文字のフリガナを取得することができます。

例としてこのようなExcelを用意してみます。
001
続きを読む…»

1,948 views

Outlookを利用してメール送信 [VBA]

ACCESSからOutlookを起動し、メールを送信することができます。
メール本文等にデータベースの内容などを引用して作成したい場合などに便利です。

【動作確認環境】
Windows XP & Microsof Office 2000
Windows7 & Microsoft Office 2010, 2013

まずは宣言

Dim oApp    As Object 'Outlookのオブジェクト
Dim objMAIL As Object 'メールのオブジェクト

Dim strMOJI As String '本文
Dim strSign As String '署名

Outlookを起動

オートメーションでOutlookを起動します。

Set oApp = CreateObject("Outlook.Application")

Outlook本体の画面も起動したいときは

Dim myNameSpace As Object
Dim myFolder    As Object

Set myNameSpace = oApp.GetNamespace("MAPI")

'規定のフォルダーを指定
Set myFolder = myNameSpace.GetDefaultFolder(6)
myFolder.Display  '表示

メールの作成

Set objMAIL = oApp.CreateItem(0)

objMAIL.Display '編集画面を表示

宛先を指定します。CC、Bccも可能です。
複数の宛先を;(セミコロン)で区切ることもできます。

objMAIL.To = mailTo
objMAIL.CC = mailcc
objMAIL.Bcc = mailbcc

続きを読む…»

68,963 views

Excelオブジェクトを使用してフリガナ入力

ACCESSからVBAでフリガナを自動入力します。

Dim xlObj As Object

Set xlObj = CreateObject("Excel.Application")

Hurigana = xlObj.GetPhonetic("文字列")

Set xlObj = Nothing

ちなみにExcelだと、

Phonetic("文字列")

だけでできるようです。

1,699 views

ACCESSからExcelファイルが開いているか調べる

Dim xlApp   As Object
Dim xlBook  As Object

Dim FileName   As String

FileName = Environ("USERPROFILE") & "\デスクトップ\sample.xls"

Set xlApp   = CreateObject("Excel.Application")
Set xlBook  = xlApp.Workbooks.Open(FileName)

If xlBook.ReadOnly Then
    MsgBox "開いています。"
Else
    MsgBox "開いていません。"
End If

xlBook.Close

xlApp.Application.Quit

Set xlBook = Nothing
Set xlApp = Nothing
21,832 views

ACCESS Excelオートメーションメモ

Dim xlApp   As Object
Dim xlBook  As Object
Dim xlSheet As Object

Dim FileName   As String
Dim myFileName As String
Dim myShape    As Object

FileName = Environ("USERPROFILE") & "\デスクトップ\sample.xls"

Set xlApp   = CreateObject("Excel.Application")
Set xlBook  = xlApp.Workbooks.Add
Set xlSheet = xlBook.WorkSheets(1)

With xlSheet

    .Range("A18:D18").MergeCells = True       'セルを結合
    .Range("A18").HorizontalAlignment = -4108 '横位置を中央揃えに
    .Range("A18").Font.Size = 48              'フォントの大きさを変更

End With

'保存
xlBook.Saveas (FileName)

xlBook.Close

xlApp.Application.Quit

Set xlSheet = Nothing
Set xlBook = Nothing
Set xlApp = Nothing
2,520 views

Excel VBA 画像の挿入

Sub auto_open()

    Dim myFileName As String
    Dim myShape As Shape

    myFileName = ActiveWorkbook.Path & "\sample.bmp"

    ' 選択位置に画像ファイルを挿入し、変数myShapeに格納
    Set myShape = ActiveSheet.Shapes.AddPicture( _
          Filename:=myFileName, _
          LinkToFile:=False, _
          SaveWithDocument:=True, _
          Left:=Selection.Left, _
          Top:=Selection.Top, _
          Width:=0, _
          Height:=0)

    ' 挿入した画像に対して元画像と同じ高さ・幅にする
    With myShape
        .ScaleHeight 1, msoTrue
        .ScaleWidth 1, msoTrue
    End With

End Sub

ACCESSからExcelを操作し、挿入する場合
続きを読む…»

10,750 views

動画ファイル(.avi)の長さ(総時間)を取得する

Windowsエクスプローラーにてファイルのプロパティの概要タブで確認できる内容を取得する。
AVIやMP3には付加情報(ID3タグ情報)が格納されている。

※この方法は簡易的なものでID3.orgで規定されているフォーマットに沿って読み出すのとは異なり、主要な項目のみ取得するものである。

まず、このプログラムにはShell32.dllを使用します。 続きを読む…»

7,200 views

オートメーション

AccessからOfficeアプリケーションを制御すること

1,087 views