Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

コマンドライン引数の取得

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。

Visual C#でコマンドラインからの引数を取得してみましょう。

// 起動時に指定した、実行ファイル名の後ろのオプション(引数)を取得する
for (int N = 1 ; N < Environment.GetCommandLineArgs().Length; N++)
{
    string A = Environment.GetCommandLineArgs()[N] ; // 第N引数の取得
}

// Note: Environment.GetCommandLineArgs().Length は 引数の数 + 1 、
// Environment.GetCommandLineArgs()[0] は 実行ファイル名(パス付き)。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

900 views

コメントは受け付けていません。