Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

VBA CInt関数の注意点

CInt関数はデータ型を変換する際に使用する関数ですが、小数点以下の扱いがRound関数とは異なります。
CInt関数の場合は、四捨六入となり、0.5の場合のみ最も近い偶数に丸められます。

CInt(2.4) = 2
CInt(2.6) = 3

ここまでは通常の四捨五入と同じなのでわかりやすいと思います。

しかし、0.5だった場合だけ動作が異なります。

CInt(2.5) = 2
CInt(3.5) = 4

となります。

1,133 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です