Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

環境変数(Environ)

VisualBasicでWindowsの環境変数を利用する方法をご紹介します。

例)Explorerなどを起動する

Call Shell("explorer")

実行ファイル名(拡張子を除く)のみでOK。パスは環境変数Pathから取得してくれます。

その他の環境変数の取得

書式

Environ("環境変数名")

Windowsディレクトリ
※WindowsディレクトリはOSによって「windows」や「winnt」などと違いがあるので注意

Environ("windir")

ユーザーディレクトリ

Environ("userprofile") 'C:\Documents and Settings\Administrator

ProgramFilesのパス

Environ("ProgramFiles") 'C:\Program Files

CommonProgramFilesのパス

Environ("CommonProgramFiles") 'C:\Program Files\Common Files

Application Dataディレクトリのパス

Environ("appdata") 'C:\Documents and Settings\Administrator\Application Data

環境変数名はマイコンピュータのプロパティからも調べられますが、
コマンドプロンプトで「set」コマンドを引数なしで実行するほうが早いです。

「set」コマンドを実行すると、環境変数とその値が出力されます。

811 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です