Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

ファイルのバージョン情報を取得

FileSystemObjectを使用する場合、例のようにCreateObjectを利用するか
[ツール]-[参照設定]で[Microsoft Scripting Runtime]の参照追加が必要。

Function get_file_version(ByVal strFilePath As String) As String

    Dim cFSO      As Object
    Dim stVersion As String

    'FileSystemObjectのインスタンスを生成
    Set cFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

    'ファイルのバージョンを取得する
    stVersion = cFSO.GetFileVersion(strFilePath)

    'オブジェクト破棄
    Set cFSO = Nothing

    get_file_version = stVersion

End Function
4,128 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です