Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

CodeContextObject

共通の関数などで、コード実行元のフォーム名やレポート名を
その都度参照するには、(Application.)CodeContextObjectプロパティを利用できます。

ちなみに、クロス集計クエリではこの値取得方法は利用できないようです。

1,860 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です