Categories
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

CodeContextObject

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。

共通の関数などで、コード実行元のフォーム名やレポート名を
その都度参照するには、(Application.)CodeContextObjectプロパティを利用できます。

ちなみに、クロス集計クエリではこの値取得方法は利用できないようです。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

1,926 views

コメントは受け付けていません。