カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

データ競合のエラーを無視する

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。

ACCESSで発生したデータ競合のエラーを無視するにはエラーイベントに
以下のような記述をします。

Private Sub Form_Error(DataErr As Integer, Response As Integer)

    If DataErr = 7787 Then
         Response = acDataErrContinue
    End If

End Sub

「7787」はデータ競合エラーのエラー番号

定数「acDataErrContinue」の値は「0」です。

これで競合エラーを無視した場合は、[他のユーザーによる変更を反映]を
選択したのと同じ扱いになります。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

1,005 views

コメントは受け付けていません。