カテゴリー
SugiBlog ホームページ制作・システム開発|大阪

求人情報 職種:ウェブエンジニア アルバイト

私が役員を務めさせている会社で、エンジニアを募集しています。
ご興味のある方は是非一度、詳細をご覧ください。

雇用形態
アルバイト
内容
ホームページ作成、更新業務
ウェブアプリケーション開発
経験・知識
【必須言語】
HTML・CSS・JavaScript・PHP
【必須スキル】
Webクリエイター能力認定試験 エキスパート(または同等のスキル)
給与
時給1050円~
勤務時間
9:00~19:30の間で時間相談
1日2h以上、週3日程度
年齢条件
30歳迄、専門学生可
待遇
◇交通費支給(15,500円迄/月)
◇昇給有
◇社員登用制度有
勤務地
大阪市淀川区西中島1-13-15 SANKIビル5F

  • 阪急京都線「南方」駅より徒歩1分
  • 地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅より徒歩2分

詳しくは以下のページをご覧ください。
http://www.acweb.ne.jp/recruit/

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

43 views

令和対応について Windows 10

元号が『令和』に変わりましたね。
知人の不動産業者さんから、Excelで令和表示に対応したいけど、どうすればいいの?
と質問がありましたので、こちらでもその方法をご紹介したいと思います。

例としてExcelでA1のセルに「=TODAY()」と入力して本日の日付を表示させてみましょう。
すると以下のように『平成』で表示されてしまいます。

これを自動で『令和』なるようにしましょう。

スタート(Windowsマーク)から設定をクリックします。

続きを読む…»

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

20 views

他のシートの値を参照するときに便利なINDIRECT関数

通常は他のシートの値を参照し表示しようとするとき、
以下のように式を書くと思います。

=Sheet1!A1

特に数が少ない場合はこれで問題ないと思いますが、
数が増え、参照するシートも可変の場合にはいちいちシート名を
打ち変えて修正していくには手間がかかり過ぎます。

そんな時に利用したいのがINDIRECT関数です。
INDIRECT関数は参照したいシートの名前をセルの値を元に判別してくれるのです。

Sheet2のA1に「Sheet1」と入力されていたとします。
そしてA2に以下の式を入力します。

=INDIRECT(A1&"!A1")

するとSheet1のA1に入力されている値が表示されます。

こうすることで、いちいち式を変更しなくても
セルの値を変えれば参照するシートを変更することができます。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

48 views

GoogleMapにGeoJsonデータを読み込んで表示する

GoogleMapに図形等を描画するのに非常に便利な方法がありました。

//GoogleMapインスタンスを生成(v3)
map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), { center: new google.maps.LatLng(35.6585809608813, 139.74543258547783) } );

// GeoJsonを読み込む
map.data.loadGeoJson('sample.geojson');

// スタイルを設定
map.data.setStyle(function(feature) {

    var myStyle = {
        fillColor: "#9AD2AE",
        fillOpacity: 0.5,
        strokeColor: "#1EB26A",
        strokeOpacity: 0.8,
        strokeWeight: 2,
        clickable: true,
        visible: true,
        zIndex: 1
    };

    return (myStyle);

});

sample.geojsonの内容

{
"type": "FeatureCollection",
"name": "sample",
"crs": { "type": "name", "properties": { "name": "urn:ogc:def:crs:OGC:1.3:CRS84" } },
"features": [
{ "type": "Feature", "properties": { "name": "サンプル1" }, "geometry": { "type": "Polygon", "coordinates": [ [ [ 139.74472479682004, 35.659171090464596 ], [ 139.74610447883606, 35.659171090464596 ], [ 139.74610447883606, 35.65809388391181 ], [ 139.74472479682004, 35.65809388391181 ], [ 139.74472479682004, 35.659171090464596 ] ] ] } }
]
}

今回はポリゴンのみですが、他にポイントやポリラインもGeoJsonで読み込み可能です。
GeoJsonは統一された規格なので汎用性があり便利です。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

77 views

Outlookで検索が出来なくなったとき

Outlook2013でアーカイブした個人用PSTからメールが検索出来ないという事例がありました。

インデックスを再作成してみましたが、復活しないので復旧作業を行いました。

Outlook 個人用フォルダー ファイル (.pst) を修復する方法
こちらのページで「受信トレイ修復ツールを自動で起動する」をクリックし詳細を表示させます。
「Microsoft Outlook 2013 以降の受信トレイ修復ツールを起動する」というリンクをクリックすると、「microsofteasyfix20101.mini.diagcab」というファイルがダウンロードされます。

これ(簡易修復ツール)を実行することで受信トレイ修復ツールが起動します。
起動したら参照ボタンで修復したいPSTファイルを選択し[開始]をクリックして修復します。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

137 views